細いゲージの弦(エクストラライト)に張り替えて練習すると押さえやすい

ギター ギター
ギター

「ギターの弦はやたらと太いな」と思いながら練習していましたが、初心者にギターを教えてくれる動画やサイトを見ていたら、ギターの弦には太さの種類が色々あるということに気がつきました。

もしかしたら、店員さんは細い弦のほうがいいとか言ってくれていたのかもしれないのですが、しばらく弾いていない間に忘れていました。ギターを購入したとき、合わせて買っていた予備の弦がエクストラライト(細いタイプ)でした。

最初に張ってある弦は、とてもピカピカして、すぐに替えるのはもったいない気がしますし、弦の張り替えの経験がないと、張り替えは後回しになることの方が多いと思います。

思いきって一番細いゲージの弦に張り替えたら、弦を押さえやすくなったので、とくにギターを始めたばかりの人におすすめです。

エクストラライトゲージ(細い)弦の特徴

エクストラライトゲージ(細い)弦の特徴

<押さえやすさ>
・少ない力で押さえられる
・痛くなりにくい
・セーハやコード、ビブラートやチョーキングなどの練習もしやすい

<音量など>
・音量が小さめ
・重低音などが物足りない
・自宅での練習をしやすい

細い弦だと、弦の張力が弱くなるので、少ない力で押さえることができます。

また、弦に触れる指先の痛さが弱めになります。ギターの始めたてで指の皮膚がやわらかいので、痛くないとまではなりませんが、押さえた後のタコの厚さや大きさが控えめになり、自然と指先を強くしていくのにちょうど良いのではと思います。

弦張りが弱めなので、ギターコードを押さえたりビブラートやチョーキングなどの練習もしやすいです。

一方で、弱点になりやすい点として、エクストラライトゲージなどの細い弦は、音量が小さめ、パワフルさが出づらい、重低音が軽くなりやすいです。

音が小さめになるのは弱点でもありますが、家で控えめな音量で練習しやすいので、強みにもなると思います。

ダイナミックに演奏したい場合には、太いゲージの弦が向いています。

ナイロン弦も指にやさしい

クラシックギターのようなナイロン弦だと、張りも柔らかく、指に触れた感じもやさしくて痛くなりにくいです。

ナイロン弦は、クラシックギターが定番ですが、アコースティックギターにナイロン弦を張ることも可能です。また、ナイロン弦を使うエレアコ(エレガット)ギターなど、いろんな種類のギターがあります。

ナイロン弦で練習したい場合には、アコスティックギターにナイロン弦を張るよりも、最初からナイロン弦用のギター(クラシックギターなど)を選んだほうがいいと思います。クラシックギターが大きすぎると感じるなら、少し小さめサイズのクラシックギターもあります。

ナイロン弦の響きはやわらかく、一般的なアコースティックギターとまた違う雰囲気を出せるところが魅力的です。

弦の太さの種類

メーカーによって名称が少しずつ違うかもしれませんが、ミディアム、ライト、カスタムライト、エクストラライトと順に弦が細くなります。

正確な太さは、商品パッケージに記載されているので、太さのミリ数を基準に選ぶこともできます。

リトルマーチンの場合

リトルマーチンに最初に張ってある弦はミディアムゲージだったようです。

ミニギターの場合、ボディが小さい分だけ軽い音になりやすいので、太い弦を使ったほうが低い音が響いてバランスが良いようです。

エクストラライトに交換したら、かなり細くなったのが実感としてよくわかり、かなり押さえやすくなり、痛くなりにくくなりました。

音量や音質は、響きが弱くなった感じはありますが、練習するには問題ないですし、エクストラライトゲージでも強く弾くとかなり大きな音が出ます。

全くの初心者から、左手や右手が上手に動かせるようになってから太い弦に交換しても全然問題ないと思います。

関連記事

1本目のギターをリトルマーチンにした理由
最初に自分用に購入したギターは、リトルマーチンです。ギターの練習にずっと使っています。 リトルマーチンを選んだ理由は、ミニギターで指が届きやすそうだったこと、見た目が可愛かったこと、マーチン社のギター...

しばらくエクストラライト弦で練習すると良さそう

エクストラライトゲージの弦にしてから3ヶ月半そのまま使っていますが、練習しやすいので、もうしばらくこのままの弦で練習していこうかと思っています。

少しずつ練習していたら、エクストラライト弦をそっと弾くスタイルですが、音の響きが良くなってきたようにも感じます。

手の感覚も少しずつ慣れて、押さえやすく感じるようになりました。最初の頃は、押さえにくいと思っていたので、以前よりも少し上達した感じがしています。

もっと上達して、色々な曲を上手に弾けるようになりたいです。

関連記事

左手の指先が痛くなくなるまで
ギターを始めて、最初の頃に困ることは、指先が痛いことかもしれませんね。 左手の指先が痛くて、「こんなに弦を押さえるのが痛かったら続けられないかも」と、私自身も心配になりました。 ギタリストやギター講師...
Fコードが弾けるようになるまで
ギターを途中でやめてしまう理由として、Fコードがあります。 Fコードをきれいに鳴らせるようになるには、時間がかかります。 私もギターを始めた頃、Fコードが難しすぎるし、ギターに向いてないと思っていまし...
shiro
この記事を書いた人

ギターでいろんな曲を弾けるようになりたくて、2023年11月よりギター練習を始めました。1980年代生まれです。バイオリン経験があります。ギターを弾くのに必要なことや学んだことなどをサイトに載せていきます。

shiroをフォローする
ギター
shiroをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました