ウクレレやギタレレでギターの練習ができるか

ギター ギター
ギター

「ギターは難しそうなので、ウクレレやギタレレを練習しようかな」と、思うかもしれませんね。

私も、ギターの前にウクレレを買って練習しました。最近、ギタレレも面白そうなので、弾いてみました。

楽器店などで、ウクレレやギタレレやギターを見たり触ったりさせてもらって選ぶのが良いのですが、もしギターを弾きたいのであれば、最初からミニギターでもいいので、ギターを練習するほうが早く習得できると思います。

ウクレレはギターに似たところがあるとはいえ、チューニングや弦の本数が違うので、ギターを始めるときにはギターコードや演奏フォームを新しく覚える必要があります。

一方、ギタレレは弦が6本あって、ウクレレにさらに2本低音弦が加わった形です。テナーウクレレと同じくらいのサイズです。本来はウクレレに近いチューニングで、ギターでいうと5カポの音域ですが、少し緩めにチューニングしてギターと同じレギュラーチューニングにして弾くこともできます。

ギターのコード練習ができるコンパクトな楽器が欲しいのであれば、ギタレレでも実は可能です。もちろん、楽器の持ち方、構え方などが違ったり、左手の指の感覚が変わるので、本格的にギターを弾きたい時には、ギターで練習したほうがいいですよ。

ギタレレは、ギターのお試し用、お子さま用、お出かけ用、トラベルギター、サブギターとして使いやすい楽器だと思います。

ウクレレのギターに活かせるところ

ギターにこだわらず、「何か楽器を弾きたい」「ウクレレの音が好き」「ウクレレの形や大きさが好き」という場合には、ウクレレを練習すると良いと思います。

ウクレレを弾けるようになると、弦を押さえること、右手でリズム良く弾くこと、音の強弱をつけること、チューニング、楽器の取り扱いなどが上手になり、ギターにも活かせる技術が身につきます。

また、楽譜を読んだり、音楽に親しむことができるので、他の楽器演奏にも役立ちます。

チューニングは、ギターと違うので、押さえるフレットが変わり、音階やコードの指づかいはギター用に覚え直す必要があります。

形は似ていますが、ギターとウクレレは別の楽器になります。

ギタレレのギターに活かせるところ

ギタレレは、「コンパクトで持ち運びしやすい」「お出かけ用のギターがほしい」「ウクレレで低音が出せたらいいな」「手軽にギターを試したい」「子ども用に楽器がほしい」などの用途に合っていると思います。

ウクレレと同じようにギタレレを弾けるようになると、弦を押さえること、右手でリズム良く弾くこと、音の強弱をつけること、チューニング、楽器の取り扱いなどが上手になり、ギターにも活かせる技術が身につきます。

ウクレレよりもギタレレのほうがネック幅や弦の太さがクラシックギターに近いので、ギターの感覚に近づけます。

また、楽譜を読んだり、音楽に親しむことができるので、他の楽器演奏にも役立ちます。

ギタレレの標準チューニングは、ギターの5フレットにカポタストをつけたのと同じ状態になります。

それで、ギターで同じように弾くと転調した感じになります。同じ調で弾こうと思うと、コードを転調させて弾く必要があります。

ギタレレをギターと同じチューニングにする方法

一方で、ギタレレのチューニングをギターと同じ設定にして弾く方法もあります。

ギターと同じチューニングにすると、弦の張り(テンション)がゆるくなって、音に張りが出にくい感じにはなりますが、ギターと同じ押さえ方で同じ音がでるので、ミニチュアギターとして使えるところが便利です。

ギターの弦をテンションの強めのものに交換して工夫する方法など、ネットで検索できます。まず試してみたい場合には、もともとの弦をそのままギターと同じチューニングにするだけでも始めることができます。

最初に買ったときの弦でギターと同じチューニングにしてみたところ、張りがゆるい感はしましたが、ギターで練習中の曲をそのまま弾けて面白かったです。

ギタレレだと、ギターと同じコードを押さえたときに指が届きやすいので、小回りが利いて押さえやすいです。逆にフレットが狭すぎて押さえにくい場合も出てきます。

ギターのコードの確認をしたり、手の小さい人やお子さまが練習するのにはちょうど良かったりすると思います。

楽器の大きさがだいぶ違うので、ギターを練習するときには、構え方や指の広げ方を覚え直す必要が出てきますが、初めて弦楽器を触る人よりも習得は早くなると思います

ウクレレやギタレレはあった方がいいか?

ギターを弾けるようになりたいなら、ミニサイズでもいいので、ギターから始めるほうが近道だと思います。

ギターを練習するのに必要というわけではありませんが、欲しいと思って、予算、置き場所があれば、あってもいいと思います。

小さなウクレレやギタレレは部屋にあると見た目もかわいいです。

ウクレレやギタレレは、ウクレレやギタレレの音が好きだったり、持ち運びやすいコンパクトさにとても魅力を感じたり、お子さんや大人がちょっとしたギターのような体験用にお試し用として、というような、ウクレレやギタレレにしかない特徴が気に入った場合には、入手するといいと思います。

新品の価格として、ウクレレは数千円〜何万円、YAMAHAのギタレレは1万円程が目安です。

1万円くらいで、何か気軽に弾ける楽器を始めたいときにちょうどいいと思います。

すでにギターを持っている人は、気軽に持ち歩けるお出かけ用としてウクレレやギタレレも持つのもありだと思います。

いずれも、ギターの経験があるなら弾きやすいですが、ギターとは別の楽器なので、雰囲気やコードなどが変わり、練習も必要で、コツがいることを理解して始めるのが良いと思います。

まとめ

ギターを弾いてみたい人は、最初からギターを購入するほうがおすすめです。

ウクレレやギタレレは、ギターとは別の楽器ですが、持ち運びに便利で音も明るくかわいいので、やってみたい人は気軽にはじめてみるといいと思います。

ウクレレはウクレレとして完成された楽器です。

ギタレレはウクレレのようでもあり、チューニングをギターと同じ設定にもできるので、コンパクトなギターと同じ指使いにもでき、それなりにいい音で楽しめますが、音質や音量は本格的なギターとは違うので、ギタレレから始めるといずれギターも弾きたくなると思います。

それぞれの楽器の良さがあるので、やってみたいことができる楽器を選ぶようにしましょう。

shiro
この記事を書いた人

ギターでいろんな曲を弾けるようになりたくて、2023年11月よりギター練習を始めました。1980年代生まれです。バイオリン経験があります。ギターを弾くのに必要なことや学んだことなどをサイトに載せていきます。

shiroをフォローする
ギター
shiroをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました