練習のためのグッズ(チューナー、スタンド、ストラップなど)

ギター ギター
ギター

ギター上達のためには、たくさん練習する必要があります。

効率よく練習したり、練習しやすくする環境づくりも大切です。

まずは、ギターとスマホがあれば、動画などを検索したりして練習を始めることはできますが、しっかり練習しようと思うと、チューナーやギタースタンドなどもあると良いと思います。

ギターの練習効率を上げる、おすすめグッズとその活用法について書きたいと思います。

練習しやすくなるグッズ

・チューナー
・ギタースタンド
・ギターストラップ
・譜面台
・ギター教本

チューナー、ギタースタンド、ストラップ、譜面台、ギター教本はあると便利です。少しずつそろえていくこともできます。

これがあったらもっと練習がしやすくなる、と思ってから購入すると練習のモチベーションも上がります。

チューナー

スマホのアプリにもチューナーがありますが、クリップ型のチューナーの方が音を合わせやすいと思います。また、スマホを操作していると通知やニュースが気になったりして練習の気が散りやすいこともあります。

音叉を使って、基準となるAの音を出してからほかの弦も順番に合わせていくなどの方法もありますが、とくにチューニングに慣れないうちはクリップ型のチューナーで合わせるほうが早く音を合わせられます。

ギターのチューニングが合っていると、きれいに音が響くので楽しいですし、正しい音程に耳が慣れて鍛えられます。

正しい音の響きを覚えられると、演奏や練習の途中でギターのチューニングがずれてきたときに気がつけるようになります。

チューニングの関連記事

ギターのチューニング方法
ギターの練習のときも、人前で演奏するときも、だれかと合わせるときも、弾き始める前にチューニングしましょう。 弦を正しいフレット位置で押さえても、リズムが取れていても、チューニングが合っていないと下手に...

ギタースタンド

ギタースタンドは、弾いていないときにギターを置いておくためのものですが、ギターを練習しようと思ったときにすぐに手に取ることができるので、結果的に練習する頻度が上がることが多いです。

ケースにしまったり取り出したりする手間が面倒で、練習はまた今度にしよう、と思うことがなくなります。

ギタースタンドに置いてあれば、すぐにギターの練習を始められ、またすぐに終わることができます。

短時間でもこまめに練習できると上達が早まるので、練習頻度を上げてくれるギタースタンドの役割は大きいです。

ギターにほこりがつくことよりも、たくさん練習できる方のメリットの方が大きいという理屈です。

ギター練習を再開する際、はじめてギタースタンドを買ってみたのですが、確かに気軽に練習しやすくなりました。

また、スタンドに置くとギターが目に入ってきてギターを自由に弾けるようになりたいというモチベーションにもつながっています。

ギターストラップ

ギターストラップは、立って演奏するときにギターを支えるために使うことが多いのですが、座って練習するときにも使えます。

ギターストラップをつけると、ギターの位置が安定して、弾きやすくなることが多いです。

立って弾くこともできるようになります。

アコースティックギター、エレキギターにストラップをつけるためのピンがついていることが多いです。

クラシックギターは椅子に座って演奏するのが一般的なので、ギターストラップをつけないのがふつうです。

shiro
この記事を書いた人

ギターでいろんな曲を弾けるようになりたくて、2023年11月よりギター練習を始めました。1980年代生まれです。バイオリン経験があります。ギターを弾くのに必要なことや学んだことなどをサイトに載せていきます。

shiroをフォローする
ギター
shiroをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました